従業員がグッとくる報酬とは?

人材管理の中で、報酬の支払い方法に関してはここ十数年で大きな変化を見た。時給、日給、月給、労組(または労組ではない労働者集団)との交渉で決定されていく「労働条件」から、「トータルコンペンセーション」と呼ばれるものへの進化である。トータルコンペンセーションとは、労働への代償として支払われる報酬の形を多様化するものだ。具体的には、ボーナス、短期あるいは長期的スパンでの報奨などだ。これに福利厚生的なものが加わって報奨制度はさらに拡大・多様化の一途をたどっている。幼稚園のチケット、ジムの会員権、理学療法のセッション、労働者家族への援助、報奨休暇などなど労働者を支える福利厚生上の特典は年々増え続けており