キャリアニュース:優秀な人材の流出を防ぐ「リテンション」に7割弱の企業が意欲

エン・ジャパンは2015年7月7日、優秀な人材をつなぎとめるための施策である「リテンション」についての調査結果を発表した。景気回復により、人材の流出と採用難が問題となる中、約7割の企業がリテンションに積極的に取り組むと回答している。この調査に回答を寄せたのは、人事担当者向け中途採用支援サイト「エン人事のミカタ」を利用している221社。今後リテンションを「積極的に行う」(31%)、「一部の人材に対し積極的に行う」(36%)と答えた企業は合わせて67%となった。昨年と比べて、10ポイントも高い結果だ。積極的にリテンションに取り組む理由としては、「新規に適切な人材を採用することは難しいので、能力や性