日本の生産年齢人口減少で究極の「売り手市場」に……人材採用の最前線をセブン-イレブンから学ぶ

「時給を上げても応募がこない」「学生が減ってバイトが集まらない」「求人難から店舗が閉鎖へ」労働の現場では、今まさにこんなことが起きている。未曾有の採用難の時代なのだ。労働力不足の状況が好転することを期待しがたい事実も存在する。国の統計データによれば、35年後の日本の生産年齢人口は2,000万人以上も減るといわれており、労働者の絶対数の減少も採用市場に影響を与えると考えられるからだ。こうしてみると、日本の労働環境にはネガティブな要素ばかりが揃っているように思えてくるが、明るい兆しもないわけではない。20年にわたって3,000社以上の人事採用・組織コンサルティングの仕事を手がけてきた武井繁氏の著作