テンプHD最高益41億円 4~6月最終、派遣などけん引

テンプホールディングスが11日発表した2015年4~6月期決算は、連結純利益が41億円と前年同期に比べて21%増加した。4~6月期としては過去最高になった。景況感の回復に伴い、人材派遣や人材紹介事業が伸びたため。前期に実施したM&A(合併・買収)も利益を押し上げた。売上高は1191億円と24%増えた。パナソニックグループの人材派遣会社の買収で、人材派遣事業の売上高は933億円と30%増と大きく伸びた。転職やアルバイト情報関連がけん引した人材紹介事業も13%の増収だった。販管費の増加やのれん代の償却負担を吸収し、営業利益は17%増の65億円だった。マーケットニュースと全上場企業のデータをスマホで