「残業よりも午前の仕事を禁止すべき」 朝方勤務が日本人に向かない理由とは

7月1日から8月末までの間、国家公務員22万人を対象に出勤時間を1~2時間前倒しするという政府推進の朝方勤務「ゆう活」。残業や長時間労働を減らして夕方のプライベート時間を充実させることを目的としているこの施策について、コミュニケーションプロデューサーの若新雄純氏が日本人に朝方勤務は向いていないと批判しました。日本人が遅刻しないのに仕事を就業時間内に終わらせることができない理由を説明したうえで、「ゆう活」では長時間労働が減らないだろうと予測しました。(TOKYOMXとの共同企画でニュース番組『モーニングCROSS』を書き起こしています)堀潤氏(以下、堀):さぁ、若新さんお願いいたします。若新雄純