なぜインドの大手IT企業は大量の人材を再教育しているのか

インドのITサービス企業は、従業員の指導や技能の再教育、再訓練のための新しい要素を展開することに常に向き合ってきた。こうした企業は、多くの業界の変化を乗り越える能力を示し続けている。最近では、デジタル技術の登場によって教育が必要となっているが、同時にそれは、売り上げ規模1460億ドルの業界をさらに変化させる可能性がある。7月中旬、インド最大のITサービス企業であるTataConsultancyServices(TCS)は、2015年だけで10万人の従業員(同社の労働力の3分の1)に対して、デジタル技術についての訓練を行うことを発表した。同社の最高経営責任者(CEO)は、この大規模な訓練について