既卒正規採用 1人数十万円助成 厚労省 企業に支給へ

2015年8月23日朝刊厚生労働省は22日、大学や大学院を卒業した後も就職できず、職探しをしている若者を支援するため、正社員として採用した企業への助成金制度を設ける方針を固めた。卒業後3年以内の若者が対象で、1人当たり数十万円を支給する方向だ。2016年度実施を目指す。政府は卒業後3年以内の若者を「新卒扱い」にして積極的に採用するよう企業に求めるが、既卒者採用に慎重なケースも多い。景気回復で人手不足感が強まっており、助成金で若者の雇用安定を後押しする。厚労省は女性の活躍支援のため、男性の育児休業取得を促す助成金制度も新設する方針だ。「全員参加社会の実現」を掲げ、高齢者、障害者の就労も支援。16