3男1女の「元モデル母」が拓いた再就職への道

専業主婦だったとき、外出時はどうしても子ども4人連れとなるため、山下さんの移動手段はマイカーだった。ところが仕事に出るため久しぶりに乗った地下鉄は、この15年の間に様子が一変。初めての路線や駅をスマホ検索しながら、リハビリ感覚で電車を乗り継いでいる。「昨年秋から日本語学校と人材育成会社の2カ所で働き始めて、毎日違う場所へ出勤。仕事が決まって慌ててスーツや靴、バッグを買いに走りました。なにしろブランクが大きいので、仕事が終わると毎日ヘトヘト。講師業は下準備もあるので、帰宅しても気が休まるときがありません」日本語学校には非常勤講師として週2日出勤、50分の授業を8コマ担当。人材育成会社では企業研修