【ビジネスの裏側】外国人登用を阻む“シューカツ” 中国に優秀な人材を奪われる 日本独特の慣行を見直せ(1/3ページ) – 産経WEST

平成28年3月に卒業予定の大学生・大学院生に対する主要企業の選考活動が本格化するなか、国内の大学や専門学校で学ぶ外国人留学生も就職活動に挑んでいる。企業のダイバーシティー(多様性)経営を支援するため政府は外国人留学生の日本企業への就職を支援しているが、日本独特の就職活動が壁として立ちはだかっているようだ。(阿部佐知子)日本の「就活」の現状インターンシップ(職業体験)、合同説明会、企業の個別説明会、リクルーターと呼ばれる大学OBとの接触、就活サイト、エントリーシート、筆記試験やSPI(適性検査)、面接、グループディスカッション…。日本の大手企業に就職するためには、こういった多くのプロセスがある。