就職で差が付く「本当に強い大学」ランキング

大学生の就職状況が好転している。大学通信が大学に行っている就職率調査では、大学の実就職率(《卒業者数─大学院進学者数》に占める就職者の割合)は2012年の76%から2014年は82%に改善した。2014年の就職率は最高の看護系が94・7%なのに対し、文・人文系は76・2%だった。では、各系統で就職率が高い大学はどこか。2012~2014年の3年間の累積就職率で見た。法学系は法曹や公務員を目指す学生が多いため就職率が低く出る。法学系の就職率が77%なのに対し、経済が80・7%、商が81%、経営が82・1%。法科大学院などへの進学準備や国家試験の再チャレンジ者がいることも要因で、法学系の大学院進学