女性が輝く柔軟なキャリアパスを目指して

企画ダイバーシティの今2015.08.28女性、外国人、高齢者、障害者を含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参加できる社会を目指す「ダイバーシティ」が、企業の経営戦略の一つとして進められている。経済産業省によると、「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材が持つ能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指す。(参考:「ダイバーシティ経営企業100選」【経済産業省】)「まずは女性活躍推進から」と一歩を踏み出し始めた企業も少なくない。しかし現実には、例えば「女性管理職を30%以上にする」などと目標を掲げたものの、施策の効果検証が行き