クリエイティブ業界でパートさんを雇うときの課題

「勤務時間が16時半までの人なんて、戦力にならない」

クリエイティブ業界といえば、夜が遅く長時間勤務が当たり前。
だから、柔軟に勤務時間を変えられないパートさんは戦力にならない、という暗黙の了解があったそうです。
でも、雇おうとしたパートさんは、子育ての関係上、勤務時間が「9時半から16時半」でした。少なくとも18時までは大丈夫だろうとたかをくくっていたkappaさんの戦いが、ここからはじまります。

本当に夕方以降も動ける人じゃないと働けないのか?

kappaさんは、逆に自分たちの働き方を見つめ直します。
自分たちが業界慣習で夜に仕事をしてしまっている部分も多いのではないか?
夜頑張る結果、朝が遅くなり、また仕事が夜にズレ込む……という悪循環も生んでいるのではないだろうか?
朝に重心を移して仕事をすることはできないのだろうか?