安保法案と労働者派遣法で与野党攻防激化

終盤国会は、安全保障関連法案と労働者派遣法の改正案を巡る与野党の攻防が焦点となってきました。このうち安全保障関連法案では、自民・公明両党が、来週、成立させたいとしているのに対し、民主党は、安倍内閣に対する不信任決議案の提出も含め、法案の成立阻止に向けて、ほかの野党に連携を呼びかけるなど、対決姿勢を強めています。
安全保障関連法案を巡って、安倍総理大臣は先週の4日、谷垣幹事長と会談し、「法案の採決には、できるだけゆとりも欲しいし、あまりぎりぎりになるのはよくない」と述べ、審議が