Famaは、企業が採用候補者のソーシャルメディア「危険フラグ」を見つけるためのサービス

FamaTechnologiesの目的は、ソーシャルメディアの記事を分析し、企業が採用候補者を調べるのを助けることだ。何年も前にTwitterに書いたバカな投稿が、就職に影響するという考えは気に入らないかもしれないが、FamaCEO・共同ファウンダーのBenMonesによると、既に企業はこの種のソーシャルメディア検査を行っている―ただ、あまり包括的あるいは系統的にやっていないだけだ。そして彼はそれが悪いことではないと考えている。つまるところソーシャルメディアは、誰かが会社に合っているかを雇用主が知るためだけでなく、問題のある投稿をして会社を困らせる可能性が高いかどうかもわかる。「オンラインでの