介護離職ゼロへ「特養増設」に批判殺到 「足りないのは施設ではなく職員だ!」

介護を機に仕事を辞める「介護離職」の解消実現へ向け、安倍首相が特別養護老人ホーム(特養)の増設を行う方針を固めたと9月24日の読売新聞が報じた。同日夜に開かれた会見でも「『介護離職ゼロ』には政権をあげて取り組んでいかなければならない」と明言している。全面的に介護が必要な「要介護3」以上の約15万人(2013年度)の入所待機者を、2020年代初めまでにゼロにすることを目指す。2016年度当初予算から特養の整備費用を拡充し、消費増税分を原資とする「地域医療介護総合確保基金」を財源に活用する。「待機解消にもならないし、虐待問題増やすだけ」2007年から2013年の間に、家族の介護や看護を理由に離職し