厚労省、非正規雇用の正社員転換に向けプラン策定へ

厚生労働省は25日、派遣労働など非正規雇用で働く人が正社員になれるよう後押しする「正社員転換・待遇改善実現本部」の初会合を開き、来年1月に平成28年度から5カ年の実現プランをまとめることを決めた。具体的には、正社員として採用した企業への助成金を拡充するなどして、希望しても正社員に就職できなかった非正規雇用の割合を低くする数値目標を設定する方針だ。