ジェネリックスキルの「見える化」で、若手の成長を促す

どのような職域であっても、大卒者として求められる汎用的な能力・態度・志向を指す「ジェネリックスキル」。このスキルを測定する「PROG」というアセスメントが開発され、すでに20万人を超す大学生が受検し、ジェネリックスキルの「見える化」が進められています。ここでは若手社員のジェネリックスキルを「見える化」することの意味と、大学での取り組みから考えられる、若手社員のジェネリックスキルを伸ばすために必要な施策についてリポートします。ジェネリックスキルは、英国では「CoreSkills」、カナダでは「EmployabilitySkills」などと呼ばれ、各国で注目を集めています。PROGを開発した株式会