改正労働者派遣法は異例の39の附帯決議をつけて成立 求められる周知の徹底

平成27年改正労働者派遣法は、施行日を9月30日とした修正案に八項目39の附帯決議が付けられ9月11日衆院本会議で可決成立した。小誌発行日にはすでに施行されている同法だが、現時点(9月17日)では、膨大な量の異例の附帯決議、参議院修正案、労働政策審議会建議を踏まえた政省令の策定に向けた労働政策審議会審議が佳境を迎えている。さて、政省令の詳細は次月号以降徹底解説していくが、ここでは附帯決議の内容の一部を紹介する。例えば第一項は、「派遣は臨時的・一時的であるべきとの基本原則が変わらないことに十分留意し、派遣労働が企業のコスト削減や雇用責任回避のために利用されて