みんなが「スーパーウーマンタイプ」の女性にはなれない

st_nikkei_r1_20101003_1

誰もが自分らしい働き方を考えることができるようになった現代、女性の出産・育児と両立したキャリア形成に注目されています。
柔軟で多様な女性視点のキャリアモデルを支援・理解していくことが重要だと語られています。