学生を遊ばせている「名ばかり大学」より、開き直った「就職予備校」の方が社会の役に立つ | キャリコネニュース

vol. 1698河合浩司大学の授業よりも「就活」の方が成長できると書いた前々回の記事に対しては、「大学は就職予備校ではない。研究機関だ!」という批判をだいぶいただきました。確かに大学の中には、研究機関として実績を挙げているところも存在します。しかし、中堅から下位の大学ともなると、とても研究機関などと言える状態ではないのが現実でしょう。高校どころか中学レベルの学力すら危ない学生もおり、所属している教授や職員は認めないでしょうが、そんな大学で研究などできるわけもありません。(文:河合浩司)4年間を無為にウェーイ!先日、毎日放送がウェブ上に掲載した「急増!大学中退に究極の対策『辞めるなら来るな』」