人材不足で増える30歳超の未経験者採用に潜む危険

ポテンシャル採用とは、実務経験がない、または少ないと思われる場合でも、実務経験に準ずる知識または意欲を評価して、人材を採用することを指します。採用の可否を判断する場合は、主に意欲と人間性、これまでの仕事に対するスタンスが大きく作用します。

 若手人材の不足に伴い、中途採用においても「即戦力キャリア採用」にこだわらず、こうしたポテンシャル採用を打ち出す会社が年々増加しており、今後さらに広がるものと見られています。

 では、そんなポテンシャル採用で入社した社員が増えていく中で、受け入れる職場では問題が起きていないのでしょうか。