ようやく普通の法律になった労働者派遣法

濱口桂一郎【Profile】労働者派遣法が改正され、企業は派遣労働者を使い続けやすくなったといわれている。「派遣労働の固定化」などの懸念の声も報道されているが、法改正の本質はどこにあるのだろうか。2015年通常国会でようやく改正労働者派遣法が成立し、極めて特殊であった日本の労働者派遣法がようやく先進国並みの普通の法律となった。しかしその道のりはなめらかではなかった。2014年3月に国会に提出した法案も、同年9月に提出した法案も廃案となり、2015年3月に提出した法案も野党の猛反対で延々審議が続けられ、ようやく(安全保障法案可決のためにわざわざ延長されていた)9月になって成立に至ったのである。し