就活日程見直し/柔軟な採用制度の検討を

新卒大学生を対象とした来年度の就職活動の日程が揺れている。経団連は採用の選考解禁を8月から6月に早める方向だが、大学側は改善策を講じることを前提に現行通りの実施を求める考えだ。政府は4日、就職活動の問題点を検証するため、経済団体や大学側の関係者を集めて実務者会合を開いたものの、立場の違いが表面化、調整の難しさをうかがわせた。学業の時間確保を求める安倍晋三首相の要請を受け、経団連はことし採用選考の解禁を8月に4カ月遅らせたばかり。確かに真夏の猛暑とも相まって学生、企業双方から不評だったが、日程の見直しだけに論議を集中させても根本解決には至るまい。朝令暮改的な日程変更に翻弄(ほんろう)される学生へ