「農業転職」ライフの実態とは

logo_square
近頃、サラリーマン生活に別れを告げ、新たに農業を志す若者が増えているという。
昨年発表された「新規就農者調査(農林水産省)」によれば、2012年の39歳以下の新規就農者は1万5030人。前年に比べ5.7%増加している。
去る2月2日、千代田区丸の内の東京国際フォーラムで開催された「新・農業人フェア」にも、多くの若者が新規就農相談に訪れた。