NTT、国内外で人材交流加速-人事制度も見直し

com00100s_1306

NTTは海外の事業会社を含めたグループ内の転職制度を2015年にも創設する。グループ横断で募集要件を提示して広く人材を募る「グローバル人材交流プラットフォーム」(仮称)の構築に向けて検討を始めた。海外では年齢にかかわらず、能力に応じて処遇する職務給が一般的。新しい制度の導入をきっかけに日本の管理職の人事制度にも職務給的な要素を取り入れることも検討する。