就業者の1割超える高齢者 「好きで働いているわけではない」の声も

o035803150220kourei

総務省が18日に発表した2013年の労働力調査(速報)によると、65歳以上の高齢者が就業者全体に占める割合が10.1%となり、初めて1割を超えた。

欧米の主要国は5%以下が多い。日本の高齢者は労働意欲が高く、厚労省の「中高年縦断調査」(2010年)でも、60~64歳のうち56.7%の人が「65歳以降も仕事をしたい」と答えていた。

「若者の職を奪うな」批判もあるが このような状況に対し、元新聞記者でネットジャーナリストの団藤保晴氏はブログで、「働く高齢者増加は若者の職を奪っている」と批判している。