スタバ 契約社員800人を正社員に

001

スターバックスコーヒージャパンが2014年度に非正規雇用の契約社員およそ800人全てを、正社員として雇用することがテレビ東京の取材で明らかになりました。スターバックスは今年4月1日から契約社員制度を廃止し、これまで全国の店舗などで働いてきた契約社員の全てを正社員として雇用します。これにより新たに800人程度が正社員となり、正社員の数は現在の1,800人から一挙に2,600人程度に増加します。