ANAの客室乗務員採用、過去最高に JALは減少の方針

A cabin attendant of Japan's All Nippon

全日本空輸は20日、2015年度の新卒採用計画を発表した。このうち客室乗務員は、新卒としては過去最高の500人程度(14年度は458人)を採用する計画だ。羽田、成田両空港での発着枠拡大や国際線の強化に備える。優秀な人材を確保するため、採用形態もこれまでの契約社員から正社員に切り替える。