ハローワーク通じた障害者就職 1516件、7年連続で増

2016年6月4日県内のハローワークを通じた二〇一五年度の障害者の就職件数は、前年度比8・2%増の千五百十六件と初めて千五百件を超えたことが、栃木労働局のまとめで分かった。増加は七年連続で、労働局の担当者は「障害者雇用への理解が進み、就労支援の取り組みも実を結んだ」としている。新規求職の申込件数は、前年度比8・6%増の三千二十二件で、就職率全体は同0・1%減の50・2%と前年度並み。障害種別の就職件数は、精神が六百一件、身体が四百八十五件、知的が三百六十六件、その他は六十四件だった。労働局によると、一四年度に初めて精神障害者の就職件数が身体障害者を上回り、一五年度も増加傾向が続いた。一八年度か