ハローワークの「求人詐欺」が年間4000件 ネットでは疑問の声「4000どころじゃない。実態どおりの求人なんてまずない」  | キャリコネニュース

vol. 2556キャリコネ編集部「求人票の内容と実際の労働条件が違った」――最近問題の「求人詐欺」と呼ばれるケースだが、昨年ハローワークが出していた求人でも約4000件に上ったという。厚生労働省が6月8日明らかにした。2015年度、全国のハローワークの窓口やハローワーク求人ホットラインに寄せられた相談や苦情は1万937件。そのうち最も多かったのが「求人の内容が実際と異なる」(3926件)で、全体の36%を占めた。コンテンツの読み込みに失敗しました2014年9月1日より、キャリコネ企業インサイダーが「キャリコネニュース」にスピンオフ&リニューアル!これまで以上に「働きやすい職場を増やす」という