ホンダの人材登用で多様化は進むか

img_d957cedb7e97fb9044ea45965a0a107911204505

ホンダが初めて外国人の執行役員と、女性の取締役を起用する。

同社は2月24日に役員人事を発表した。初の外国人執行役員となるのは、ブラジル国籍のイサオ・ミゾグチ氏。現地法人に入社した後は主に生産技術畑を歩み、現在はブラジル現地法人の上級副社長を務める。4月からは南米地域を統括する執行役員に就任する。

南米地域統括の執行役員に就くイサオ・ミゾグチ氏
6月から新たに社外取締役に就任するのは、