採用は「ビジネスSNS」で 国内大手企業にも浸透中

kaisha198937_pho01

ビジネス系交流サイト(SNS)、「LinkedIn(リンクトイン)」。米国発のサービスで2011年に日本語版が開設されたが、フェイスブックと比べると知名度はいまひとつで、「知る人ぞ知る」といった感が強かった。
だが会員はじわじわと増加し、定着しつつある。国内企業では、採用活動に利用するところが増えてきた。
楽天は全職種で「リンクトイン採用」を拡大
採用はビジネスSNSで…
採用はビジネスSNSで…
リンクトインは米国で2003年にスタートした。ビジネス上の人脈づくりや求人情報検索といった用途があり、米国では名刺にリンクトインのURLを刷り込み、初対面の相手からフェイスブックよりもリンクトインの連絡先を尋ねられるケースもあるそうだ。