安倍首相 長時間労働是正で関連法案提出の考え

安倍総理大臣は、衆議院本会議で行われた2日目の代表質問で、働き方改革の実現に向けて長時間労働を是正するため、有識者会議で実行スケジュールなどを盛り込んだ計画を年度内に策定したうえで関連法案を国会に提出する考えを示しました。
公明党の井上幹事長は、安倍内閣が最重要課題に掲げる働き方改革をめぐり、「日本は長時間労働者の割合が高く、ワークライフバランスや健康保持の観点からも思い切った労働時間法制の見直しが必要だ。また、非正規労働者の待遇改善のため、同一労働同一賃金の実現に向け検討を急ぐべきだ」と指摘しました。