労働時間を削減すべきか、働く場所の自由度を高めるべきか ―「働き方改革」における労働時間の課題

政府が現在進めている「働き方改革」において、長時間労働削減のための労働時間上限規制の検討、同一労働・同一賃金実現のためのガイドラインなどの整備が挙げられている。その中でも労働時間規制については、上限となる労働時間を設けようという議論が進んでいる。
こうした議論が重要であることは言うまでもないが、業種や職種によって、長時間労働となる構造が異なるなどの事情により、働く個人が直面する長時間労働の課題を完全に克服するには他の施策も必要だとみている。