即戦力のIT人材、鳥取県主導で育成 職業訓練、移住希望者も

鳥取県は11月半ばから、県内IT(情報技術)企業などが求める「即戦力人材」を育成する職業訓練を始める。県内企業の要求水準を満たせるようプログラミング言語とネットワーク技術を教え、講座修了後に実際の雇用につながることを目指す。高度なIT技術を持つ人材の需要増大に対応し、職業訓練の枠組みを生かして地元の人材を育てるとともに、移住者獲得にもつなげる。講座はプログラミング言語「Java(ジャバ)」の2…