AIも3Dプリントも、世界の労働者に迫る「7つの脅威」

かつてはフィクションにすぎないと考えられていた革新的な技術が現実のものになりつつある中で、労働力の未来は不透明さを増している。米国人の65%は、現在自分たちが従事している仕事は、50年後にはロボットが行うようになっているだろうと考えている。

だが、人間の労働力がロボットに取って代わられると予想されているその時期の到来が、実際にはわずか10年後に迫っているとしたらどうだろうか?あなたの仕事への脅威は、思っているよりすぐ近くにまで押し迫っているのかもしれない。今私たちの目の前にある7つの脅威は、次のようなものだ。