日本型雇用に限界 「働き方改革」急務

電通の長時間労働問題は、会社に対する社員の高い帰属意識を原動力にする日本型の雇用システムの限界を浮き彫りにした。個々人がそれぞれの事情に合わせて仕事を進められるようにする「働き方改革」を急がなければ、少子高齢化の日本経済が持続的な成長を実現するのは難しくなる。新卒で大量に採用した社員を年功序列で昇進させ、定年まで雇用する。そんな日本の大企業の雇用形態は戦後の高度成長の礎となり、正社員に失業の不…