リクルート株、高値圏を維持 海外開拓に成長期待

リクルートホールディングスの株価が堅調だ。8月下旬、取引先の大株主による株式売り出しを発表して急落したが、10月中旬には上場来高値を付け今も高値圏にある。販促メディアや人材関連事業が好調で「トランプ・ショック」の9日も株価は1%安だった。株売り出しの懸念は残るが、国内の人手不足と海外市場の開拓を背景にした成長期待が株価を支える。10日発表した2016年4~9月期の連結決算は純利益が前年同期比47%増の478億円だった。子会社売却益という一過性の要因はあったが、売上高も11%増の8145億円と成長を続ける。同社が経営指標として重視しているEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)では、11%増の