40代の転職、優秀でも「使いにくい人」は敬遠される

本連載第47回において40代の転職が増加していると指摘しましたが、もちろんどんな40代でも引く手あまた、というわけではありません。転職市場で売れる40代、売れない40代の違いは一体どこにあるのでしょうか。

 一つ目の違いは「プロフェッショナリティ」です。わかりやすく言えば、プロフェッショナリティとは「この人は何ができるのか?」という話です。我々とクライアント企業の間ではプロフェッショナル・チェックトークが日々繰り広げられています。

 このトークは、つまり、現場力に裏打ちされた、それぞれの分野におけるプロフェッショナリティがあるかどうかです。感覚的には35歳を過ぎたあたりから、この点が非常に厳しく見られるようになっていきます。