採るべきは優秀な人材じゃなく“適切な”人材。中小企業の採用課題を解決するコツ

大規模で計画的な採用が行える大企業に比べて、中小企業の採用活動には多くの制限があります。

専任の人事担当者を常駐で置くのが難しい企業もあるでしょう。場合によっては経営者自ら採用の判断を一手に担っていることもあるかもしれません。業績や事業内容は魅力的なのにも関わらず知名度が低いために、なかなか人が集まらないとお嘆きの担当者もいることでしょう。いわゆる「人、モノ、カネ」の物量では大企業に勝てない現実ははっきりしています。