キャリア形成の主体は社員。全ポジションの社内公募、管理職のノーレーティング制度を開始し、働き方も評価も変えていく

医療用医薬品の売上高で世界No.1の地位を築き、米国に本社を置いてグローバルに事業を展開するヘルスケアカンパニー、ファイザー。その日本法人では、10年以上前からタレントマネジメントを開始し、最近では全ポジションの社内公募制、管理職を対象としたノーレーティング制度を導入、さらには恒常的残業ゼロを目指す働き方など、革新的な施作を推進しています。