国家公務員を対象にスタートアップ企業の人材公募、福岡市が特区を活用

福岡市の「福岡市スタートアップ人材マッチングセンター」(九州TSUTAYAに運営委託)は、転職サイトを運営するビズリーチと連携して「国家戦略特別区域創業者人材確保支援事業」活用事業者による人材の合同公募を11月17日から実施中だ。ビズリーチのサイト上に特設ページを設け、2017年3月31日まで募集する。今回の合同公募は、国家公務員のスタートアップ企業への人材流動化を促す「国家戦略特別区域における国家公務員退職手当法の特例」を活用するもの。この特例では、国家公務員が設立5年以内のスタートアップ企業に転職後、3年以内に復職した場合に、公務員としての勤続年数を通算して退職手当に不利が生じないようにす