DMM社長に34歳外部人材が選ばれた全事情

 年の差20歳以上――。これは、日本のインターネット・IT業界を驚かせる人事といえるだろう。1月4日付でDMM.com社長に就任することが内定した片桐孝憲氏(34)はDMMグループの実質的なナンバーツーとなり、これまで創業者の亀山敬司氏(55)が担当していたインターネット関連事業を引き継ぐことになった。DMM.comは12月6日付けで持ち株会社制に移行し、現会長の亀山氏はDMMホールディングスの会長、現社長の松栄立也氏はDMMホールディングスの社長に就任する。DMMホールディングスの下にネット事業のDMM.comやFX、英会話などの事業会社を配し、片桐氏はインターネット事業を展開するDMM.c