三井物産、Sansanを全社標準名刺管理サービスに指定するエリアをアジア・中国に拡大〜名刺を通じて国内外の人脈情報を共有活用、事業展開を加速〜

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』が三井物産株式会社(以下三井物産)全社標準ツールとして指定されている範囲に、日本国内に加えて新たに中国・アジア大洋州地域が加わったことを12月1日付で発表いたします。日本を代表する総合商社として幅広くグローバルビジネスを手がける三井物産は、2016年3月に全社の標準名刺管理サービスに『Sansan』を指定する基本契約を締結しました。以降、国内拠点の利用は関係会社を含めて1,900名以上に拡大し、名刺を通じた組織的な人脈情報共有基盤として活用されています。中国・ア