リファラルツール 知人紹介プロセスを自動化 | HR Technology Trends 世界の人事が注目する28の「HRテクノロジー」

米国の大手企業が最も効果的な採用方法の1つとして挙げるのがリファラルツールである。“リフェラル(referral)”とは「紹介」を意味する。基本的には従業員などの信頼できる人物から人材を紹介してもらうという日本の「縁故」よりもオープンな仕組みで、人事では一般的に活用されている。リファラルツールを利用することで、人材の紹介の受付、進捗管理、紹介者への紹介料(リファラルボーナス)の支払いといったプロセスの自動化が可能になる。リファラルは従業員が行うのが一般的だが、社外の人間でも適切な人材を紹介すれば紹介料を受け取れるというサービスもある。