女性登用、成長の力 カルビー・松本晃会長兼CEO

働き方変化 生産性高まる
 --今年は政府が掲げる女性活躍、働き方改革が一層、進みそうです。

◆(2009年のカルビー会長)就任以降、ダイバーシティー(多様性)と働き方改革を進めてきた。競争が厳しい時代に男、日本人、シニア、有名大卒だけでやっていけまっか。無理ですよね。女性登用を含めたダイバーシティーは成長のエンジン。企業経営者は再認識すべきだ。

カルビーの女性管理職比率は、10年の5・9%から16年に22・1%に上がった。「20年に30%」の目標を1年、前倒しして達成したい。女性の登用は働き方改革にもつながる。子育て中の女性に午後4時に帰るよう言い続けた結果、女性を中心に生産性の高い働き方が浸透してきた。