外国人技能実習、期間5年に延長を 自民が提言

icon_ogpnikkei (1)
 自民党は外国人労働者の活用を促す提言をまとめた。最長3年に限り外国人を受け入れられる技能実習制度で、優秀な人材に限り2年間延長し、1社あたりの受け入れ人数枠も従業員の5%から1割に増やすよう求めている。東日本大震災からの復興や2020年の東京五輪に向けたインフラ需要で人手が足りない建設業では、新たな在留資格を使って外国人を集められるよう提起した。