人手不足の建設業界、火を噴く人材争奪戦

ÄŠJ”­i‚Þ‘åŽè’¬@@‘åŽè’¬‚P|‚X@ŒöŒÉƒrƒ‹Õ@@@ ‚Q‚O‚P‚R”N‚TŒŽ‚X“úŽB‰e
建設業界はかつてない人手不足の状況が続いている。

1990年代のバブル崩壊、2008年のリーマンショックで、民間だけでなく公共工事も激減。ゼネコン各社は、長らく過剰人員を抱えてきた。しかし、12年に安倍政権が誕生し、国土強靭化などの経済政策の恩恵もあり、建設業界に追い風が吹く。業界では「潮目は変わった」(大手ゼネコン幹部)という声が多い。