86万人が新社会人に 雇用情勢、改善の動き 全国で入社式

biz14040110290026-n1

全国の多くの企業、官公庁が1日、入社式や入庁式を開き、厳しい就職活動を乗り越えた若者たちが社会人の仲間入りをした。共同通信の取材では、新社会人は約86万人と推定される。

 今年の春闘では大手を中心に賃上げ回答が相次ぎ、雇用情勢も改善傾向を見せる。ただ、過酷な働き方を強いる「ブラック企業」が社会問題化するなど、厳しい労働環境に置かれる若者も少なくない。