65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル

ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。
化粧品や健康食品を製造・販売するファンケルは4月10日、65歳以上でも勤務できる雇用制度「アクティブシニア社員」を4月から新設すると発表した。これまでも嘱託制度など65歳まで働き続けられる雇用制度は存在していたが、新たに雇用区分を設け、労働意欲が高く会社で力を発揮できる65歳以上の社員を再雇用する。